2016.12.24 PTCジャパン・ユーザ会

Creoを使った3D検図のススメ ~設計検証・検図の具体的な実施例~発行のお知らせ

製造業において3Dデータがインフラ化していく中で、PTCジャパン・ユーザ会として3D単独図ガイドライン、長期保管ガイドラインおよびCreo*解体新書を発行してきた。
それらのユースケースでは、3Dデータを正とする運用を意識したものになっている。
また、ISOやJISでも3D単独図の標準化が具体的に進んでいる。
「3Dデータを正にしたものづくりが効果的であることは一般的に理解されている。しかし、3Dデータ(ジオメトリ、アノテーションなど)をフル活用して一気貫通したものづくりができている企業は、まだ少ない。」と、我々は感じている。
特に、3Dデータがあるにも関わらず、設計検証や検図は従来通りの2D図面(紙)で行っていることが多い。
この状況を受け、PTCジャパン・ユーザ会Creo*活用フォーラムでは、PTCジャパン社の協力を得て、商品企画~開発設計(出図まで)のフェーズでCreoをフル活用した場合、どのように検証・検図することが可能なのか、どのようなメリットが見込めるのか、どのようにDRや検図を行うことができるのか検証してみた。
具体的な設計に対して、具体的検証および検図方法を提案し、メリットや注意点、また機能的に不足している点について、ユーザ目線でPTC Creo 3.0を評価した。
このような動機で"Creoを使った3D検図のススメ ~ 設計検証・検図の具体的な実施例 ~"として発行することになった。

なお、日本ユーザの具体的なユースケースをPTC Inc.に理解いただき、要求する機能の実装を検討いただくことになっている。

最後に、本書を通じて、Creoシリーズが持つ機能を最大限に活かし、3Dデータを中心にした業務改革の一助になれば幸甚である。

ダウンロード

Creoを使った3D検図のススメ ~設計検証・検図の具体的な実施例~のダウンロードは業種を選択し、「ダウンロード」のボタンを押してください。

Creoを使った3D検図のススメ ~設計検証・検図の具体的な実施例~ [rev.1] ダウンロード(7.49MB)

Creoを使った3D検図のススメ ~設計検証・検図の具体的な実施例~ のダウンロードには会員登録が必要です

業種選択:
Creoを使った3D検図のススメ ~サンプルデータ~ [rev.1] ダウンロード(7.30MB)

Creoを使った3D検図のススメ ~サンプルデータ~ ダウンロードには会員登録が必要です

業種選択: